ウェブ接客を取り入れれば質を向上することができる

女性

企業業務の円滑に行うため

肥大化する企業業務の中で業務の効率化は大きな課題で、マニュアルの作成もその1つです。人員を裂くこと無く、上質なマニュアルができる点からマニュアル制作会社へ外注する企業が多くあります。費用は概ね30万円から50万円程度です。導入後は業務の明確化、スタッフの即戦力化、コスト削減といった活用が見られます。

代わりに行ってもらう

インターネットショップを運営するにはさまざまなノウハウが必要ですし、また作業も煩雑です。このため運営を代行するというサービスも登場しています。ネットショップ運営代行を利用すればショップの業務負担を軽減することができるメリットがあります。

ネットショップと接客

パソコン

ネット上で商品販売を行う場合、通常は商品情報を掲載し、それを閲覧したユーザが商品を選び購入するという流れになる。通常のお店では、お店に並べられた商品の説明を従業員が行ったり、質問を受けた場合にはその場で回答しながら販売が行われる。しかし、ネットショップにおいては予め用意された情報を見てもらうということが主流となっている。これらのネットショップにおいても、お店の店員の役割を果たしながら販売していく仕組みがウェブ接客であり、近年ウエブ接客の仕組みを導入するネットショッピングのサイトが増えている。ウェブ接客では、大きく分けてチャット形式で質問などにリアルタイムで答える仕組みや、決められた操作に対し予めプログラムを組んでおき、それらに合わせて対応する仕組みなどが中心となっている。ウェブ接客を導入する場合には、どの程度のサービスを提供するかを事前に検討した上での導入が必要になる。例えばチャットで接客するウェブ接客を導入した場合、利用者からのメッセージにその場で応答できるように人員を配置しておく必要性がでる。一方、事前に組まれたプログラムに沿った接客の場合には、人員の配置は不要になる。この2つにおいても、対応時のコストなどが大きく変わってくるため、どの程度のサービスを提供するかを事前検討した上で導入することが必要になる。また、業者によりウェブ接客の仕組みは様々提供されているため、自サイトにあったものを導入することもポイントになる。

小規模な会社にお勧め

ビジネスを立ち上げたばかりの小規模な企業の場合、常に事務所に電話対応が出来るスタッフを採用することは難しいかもしれません。そこで電話代行会社へ一括委託する事で電話対応業務を全て外注出来、機会損失を防ぐ事にも繋がるでしょう。